市民のみなさんへ/被災施設の復旧状況・減免制度等

被災施設の復旧状況・減免制度等

台風21号災害による水道料金及び下水道使用料減免措置について

 平成29年10月22日の台風21号による浸水等の被災地域において、被災者が災害復旧等に要した水道料金及び下水道使用料を減免します。

災害復旧使用分に係る水道料金及び下水道使用料の減免について
 減免対象の選定にあたっては、り災証明書が発行された方を対象とし、申請があったとみなして、10月使用分及び11月使用分の請求より減免します。災害復旧が困難等特別な事情がある場合は、最大2か月分の延伸も可能です。
 当該水量については、原則として前年同月(平成28年10月使用分及び11月使用分)の使用水量又は、直近の4か月(平成29年6・7・8・9月使用分)平均の使用水量と比較して決定します。
ただし、この方法での減免が困難な場合(10月から使用開始された場合等)は、下記の表に基づき決定します。
適用例 減免水量 請求額の算出 時間あたり水量
浸水等被害の
住居洗浄など
水栓口径の時間最大流量
×使用時間 
該当月の検針水量から減免水量を
減じた水量で料金算出する
13㎜≒1㎥
20㎜≒2㎥

  使用時間については、被災者への聞き取り等による。

緊急避難で転居した住居の使用料について
 被災により緊急避難された場合に限り、転居先の水道料金及び下水道使用料を全額減免します。
 ただし、避難先が福知山市内である場合に限ります。
 公営住宅に緊急避難された場合は、申請等は不要です。
 民間住宅に緊急避難された場合は、避難先の住宅名をお知らせいただくとともに、り災証明の写しを上下水道部お客様サービス課に提出してください。
お問い合わせ先
上下水道部お客様サービス課
 福知山市字堀(水内)945番地
 TEL0773-22-6501  FAX0773-22-6555

市民のみなさんへ


福知山市上下水道部はISO9001:2008を
取得し、品質マネジメントに取り組んで
います。

バナー
バナーとしてお使いください。

ページトップへ